THE格闘技 曙 休養宣言、揺れる“横綱”

視聴率の柱、「総合格闘技」4戦全敗
 
K−1 PREMIUM 2006 Dynamite!!」が31日、京セラドーム大阪で開催され「今度こそ勝利」と注目を集めていた(37)が、またしても負けた。

がくぜんとしてしたのは本人ばかりではない。

をリングに上げてきた新日本プロレスも真っ青。

さらに「半年くらいは試合に出ずに一から練習をしてやり直す」とプロレス休養宣言してしまったから、さあ大変だ。(スポーツライター・安田拡了)
                   ◇
新日本プロレスの某プロモーターが、またかという顔をした。
 
(203センチ、215キロ)が大みそかに出場した総合の大会で巨人ジャイアント・シルバ(230センチ、180キロ)に、なんとアームロックで敗北してしまったからだ。
 
akebono.bmp

マスコミの前評判ではシルバが勝てるようにあてがわれた戦闘要員的な存在だった。

総合成績7戦1勝6敗。

体が大きいので新日本プロレスにも参戦していたことがあったが、これといって技を持っているわけではない。

つまり打撃を集中的に練習してきたのほうが有利だろうと思われていたのだ。
 
ところが、予想外の事態になった。

いきなり左右のパンチを出すシルバは組み付いた。

しかしシルバは腕をとり、そのまま倒れ込んでも腕を離さなかった。

そしてなんとアームロックを極めてしまったのである。
 
は大みそか4年連続の全敗。

穴でもあったら入りたいという恥ずかしさで「今日こそは勝ちたかった。内容も悪い。圧倒されて負けてしまった。上に乗ってつぶそうとしたが、上に乗っている状態で取られるなんて経験はなかった。

できれば何もせずに半年くらい練習したい。

プロレスも休業して、練習に打ち込みたい。そうしたい、じゃなくて、そうします。そうして違った曙を見せたい」と語るしかなかった。
 
だが、そんなに「いいかげんに総合格闘技をあきらめてプロレスに専念してほしいよ」とあきれるのは新日本プロレスの某プロモーターだ。
 
が負けてもいつも新日本プロレスがリングに上げて人気低下をカバーしてきた。しかし、盛り上がってきたなと思うと、いつも大みそかに総合の大会に出て負けてしまう。プロレス業界をナメているのかと文句の1つも言いたくなります」
 
だがからすると、総合で1勝しないと後がない。今回の敗北で総合成績4戦4敗。ちなみにK−1成績も9戦1勝8敗というていたらく。だから「休業宣言して練習を」と言った気持ちもわからぬでもない。
 
プロモーター氏は言う。
 
「相撲は真正面からぶつかり合って、相手の攻撃を強靭な肉体で受け止める。総合格闘技K−1など相手の技を外して攻撃するスポーツと根本が違う。

プロレスも相手の技をあえて受けて強さを競う。

相撲と似ている。

は完全にプロレスラー向き。

もう年齢も30歳代後半。腹を決めたほうがいい」
 
確かにプロレスラーとして大輪の花を咲かせたほうがよさそう。
 
だが「K−1 Dynamite!!」としてもは視聴率の柱的存在。

今回は民放ダントツの関東地区19・9%(関西18・1%)を記録した。

には、まだまだ総合格闘技K−1で頑張ってもらいたいところだろう。

大晦日のプライド男祭りをインターネット生中継!

大晦日といえば「プライド男祭り


今度のPRIDEは全試合をインターネット生中継!


12月31日大晦日「PRIDE 男祭り 2006」全試合の模様を完全生中継!先行予約販売中!12月19日(火)17:00まで


お申し込みは今すぐこちらから

大晦日「PRIDE 男祭り 2006


大晦日はプライド男祭りで熱くなれ!!



格闘技マニア必見!総合・ヒーローズ・プライド・K-1・格闘技王国

PRIDE(プライド) 男祭り 2006 -FUMETSU- エメリヤーエンコ・ヒョードル vs マーク・ハント

プライド.bmp

これまでにアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラミルコ・クロコップの挑戦を退けてPRIDEプライド)ヘビー級タイトルを防衛している“絶対皇帝”エメリヤーエンコ・ヒョードル3度目の王座防衛戦が決定した。

このいまだPRIDEプライド)無敗のチャンピオンに挑むのは……“サモアの怪人”マーク・ハントだ。
 
打倒ヒョードルの最右翼とまで言われたハントが、いよいよヒョードル戦を実現させた。

バランスのとれたオールラウンドファイターよりも、一芸が飛び抜けているファイターの方がヒョードルを倒せる可能性があると言われている。

ハントは言うまでもなく一打必倒のハードパンチャーであり、同時に無類の打たれ強さ、タフネスを併せ持つ。
 
一昨年の大晦日ではヴァンダレイ・シウバPRIDEプライド)で初めて黒星を付け、昨年はミルコ・クロコップを圧倒して勝利を収めた“大晦日男”ハントが、2006年の最後に大番狂わせを狙う!



格闘技マニア必見!総合・ヒーローズ・プライド・K-1・格闘技王国

PRIDE(プライド) 男祭り 2006 -FUMETSU- マウリシオ・ショーグン vs 中村和裕

プライド2.bmp

カズに最大の試練到来! 今年は無差別級での闘いとなったジョシュ戦を除き三連勝と好調ぶりを発揮したが、最後の最後に大物との対戦が決定した。

ミドル級GP制覇を最大目標に置くカズにとって、2005年GP王者のショーグンとの対戦は願ってもないこと。

得意のパンチでショーグンとの打撃戦にも打ち勝つことが出来るか? 

寝技の強さを試合毎に証明するショーグンのグラウンドテクニックは、カズをも凌駕してしまうのか? 

PRIDEプライド)の未来を担う二人が、激動の2006年を締め括る! これは“近未来ミドル級GP決勝戦”だ。



格闘技マニア必見!総合・ヒーローズ・プライド・K-1・格闘技王国

PRIDE(プライド) 男祭り 2006 -FUMETSU- 五味隆典 vs 石田光洋

プライド1.bmp

来年に噂されるライト級GPを前にして、優勝候補の日本人同士がいきなり激突! とんでもない日本人対決が出し惜しみせず組まれたものだ。

今年4月、武士道に初参戦して以来、四連勝を飾っている石田。

特に大きい勝利は6月のマーカス・アウレリオ戦だ。

4月、五味隆典PRIDEプライド)初黒星を付けたマーカスから、殊勲の勝利を収めたのである。

この実績が評価され、一時は五味隆典の保持するライト級王座への挑戦者候補にもなったが、対戦は実現しなかった。
 
受けて立つ五味隆典もかねてから石田を意識したコメントをしている。

「遠まわしに言ってないでリングに上がって来い」と言っていたのは、石田を指しての挑発である可能性が高い。

五味隆典にとってもモチベーションの高い闘いとなるだろう。

これまでマッハ、川尻とチーム茨城を撃破している五味隆典が石田をも粉砕するのか、それとも石田の「無尽蔵のスタミナ」と「絶対に切れないタックル」が五味隆典をも凌駕してしまうのか? 

大晦日にふさわしい、大物日本人対決ここに決定!!



格闘技マニア必見!総合・ヒーローズ・プライド・K-1・格闘技王国

格闘技イベント、プライド ミルコが悲願のGP制覇!!!

総合格闘技PRIDE(プライド)無差別級グランプリ2006決勝戦」が10日、埼玉・さいたまスーパーアリーナで行われた。


人類60億分の1の頂点を目指すべく、ここまでのしあがってきた、総合格闘技プライドファイターは、ミルコ・クロコップ、ヴァンダレイ・シウバ、ジョシュ・バーネット、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラの4人。このうちの2人を一夜で降さなくては頂点に立てない、世界一、過酷なトーナメントが最終幕を迎えた!

〓〓〓

格闘技マニア必見!総合・ヒーローズ・プライド・K-1・格闘技王国




総合格闘技イベント、プライド。マイク・タイソンと正式に契約!

総合格闘PRIDE(プライド)が、ボクシング元世界王者マイク・タイソンと正式に契約をした。

総合格闘技イベント、PRIDE(プライド)を主催するドリームステージエンターテインメント(DSE)の榊原信行代表がマスコミの囲み取材に応じ、ボクシング元世界ヘビー級統一王者マイク・タイソンと正式にファイト契約したことを明かした。

〓〓〓〓〓〓〓 

↑クリック〜。なぜかバターちゃん登場♪

格闘技マニア必見!総合・ヒーローズ・プライド・K-1・格闘技王国







総合格闘技プライド記念すべきPRIDE1 

PRIDE(プライド)記念すべき第一回大会。

東京ドーム初の、総合格闘技興行。

注目はもちろん! 高田延彦対ヒクソン・グレイシー 

(対戦カード)

プライド1」
1997(平成10)年10月11日 東京ドーム
観衆4万6863人

1.5分3R
○村上一成(腕ひしぎ逆十字固め、1R1:34)ジョン・ディクソン●

2.10分3R
ゲーリー・グッドリッジ(RSC、1R4:57)オレッグ・タクタロフ●
*グラウンド状態でのパンチ連打。

3.10分3R
△小路晃(時間切れ引き分け)ヘンゾ・グレイシー

4.5分3R
○北尾光覇(脇固め、1R2:14)ネイサン・ジョーンズ●

5.スタンディングバウト3分5R
ブランコ・シカティック(NC、1R1:52)ラルフ・ホワイト

6.3分5R
○イゴール・メインダート(RSC、3R1:16)黒澤浩樹●

7.30分1本勝負
△ダニエル・スバーン(時間切れ引き分け)キモ△

8.5分12R
ヒクソン・グレイシー(腕ひしぎ逆十字固め、1R4:47)高田延彦

「試合模様」

頭をそりあげて白いタイツのヒクソンはリングの中心から動かず。
その周りをぐるぐる回る高田
ヒクソンが距離を詰めての胴タックル、高田下がってコーナーへ。
その時高田がロープに手を置いた。
これがルールに抵触し注意1。

次は、失格負けである。
ヒクソンはかつてVTJで当時リングスの山本が使った「ロープを使ったチョーク」で散々苦しめられた経験があるので
ロープをつかむことを反則として提案したのだと思う。


体重の軽いヒクソンが高田を持ち上げてマットに叩きつける。
そしてあっという間の腕ひしぎ逆十字。
高田は情けなく足をバタバタさせた後にギブアップの意思表示。


「最強」対「400戦無敗」の勝負は、期待を裏切るものとなった。

格闘技マニア必見!総合・ヒーローズ・プライド・K-1・格闘技王国







総合格闘技プライドの歴史2

2000年代に入ると、今度は柔術・レスリングなどの寝技(グラウンド)・組み技を研究しつつ、あくまで打撃にこだわるスタイルの選手が活躍するようになる。

シュートボクセ・アカデミー(ムエタイ系打撃)のヴァンダレイ・シウバや、K-1グランプリで準優勝したこともあるミルコ・クロコップなどがそれである。第2代PRIDE(プライド)ヘビー級王者のエメリヤーエンコ・ヒョードルもベースにあるのは、豪快な投げと強力な関節技が特徴のコマンドサンボだが、得意とするのは(特長的なのは)パンチであり、立った状態はもちろん、グラウンド状態でも強烈なパウンド技術を持っている。

多彩な柔術技(足関節、腕関節、絞め技)を駆使する初代王者“ミノタウロ”ノゲイラとは好対照をなしている。 現在の打撃系選手の活躍には、シュートボクセなどのブラジル出身者の他に、元キックボクシング王者モーリス・スミスの恩恵が大きい。

キックボクサーで長年王者として存在したスミスは、晩年に総合ブームが起こり参戦するも、他の打撃系選手と同様に寝技系選手に惨敗する。しかし、かつての名声を犠牲にしてでも、モーリスは総合に参戦しつづけ惨敗を繰り返す中で打撃系選手の総合での対応策を見出しいった。(モーリスが目指したのは、寝技は防御のみを徹底的にマスターし、打撃で攻撃するスタイル)はその後、モーリスに教えを乞いにいった打撃系選手は数知れない。

格闘技マニア必見!総合・ヒーローズ・プライド・K-1・格闘技王国


総合格闘技PRIDE(プライド)の放送史

発足当初、高田延彦の希望で地上波でのテレビ放送が模索され、一時日本テレビで放送という話があったものの、SKY PerfecTV!のPPV放送に落ち着いた。現在もPPV重視はPRIDE (プライド)の基本姿勢であるが、2004年から2006年まで一部の試合は試合当日ないしは同週の夜にフジテレビで録画放送されている。

DSEが発足したPRIDE5(プライド)からは東海テレビが全ての大会を中継するようになった。

テレビ東京の格闘技番組『格闘コロシアム』、中京テレビの格闘技番組『夢格闘』(提供はDSE)、フジテレビの格闘技番組『SRS-DX』など各テレビ局でPRIDEの試合が放送されることがあったが、2000年にフジテレビが主催者として加わるようになると、PRIDE(プライド)フジテレビ系のコンテンツとなった。

特に東海テレビは、PRIDE(プライド)情報を扱うレギュラー番組『PRE-PRIDE』『PRIDE(プライド)王』を作り続け、中継がゴールデン・プライムタイム以外の場合は、フジテレビとは別に独自の編集で中継番組を制作し、PRIDE(プライド)を重要コンテンツとして取り扱った。

しかし2006年6月5日、フジテレビはDSEとの契約を全面解除し、番組の放送を取りやめることを発表した。契約解除の理由については、守秘義務を理由に明らかにされていないが、フジテレビ広報部は「DSE内で放送を継続することが不適切な事象があったため、契約違反に該当する。」と主張している。

一方のDSE側も、6月8日に開いた会見で、一部週刊誌が「DSEに暴力団関係者の出入りがあったとの疑いがある」と報じられた事が原因であろう、と主張している。そのため、本来放送されるはずであった武士道-其の十一-とハッスル・エイド2006(いずれもDSEがプロデュース)の放送中止も決まった。

地上波以外では、過去の試合を取り上げて放送する「PRIDE(プライド) REVIVAL」という番組が、J sports ESPNとBSフジで放送されている。なおPRIDE(プライド)は、全米・ブラジルでのPPV放送のみならず韓国・インドネシア・ヨーロッパの一部と世界各国で放送されている。

格闘技マニア必見!総合・ヒーローズ・プライド・K-1・格闘技王国



総合格闘技プライドの歴史 

1997年にはPRIDE (プライド)第一回大会が開催される。高田延彦とヒクソン・グレイシーが対戦し、ヒクソンが腕ひしぎ十字固めで圧勝すると、ヒクソンの名声とともにPRIDE(プライド)は格闘技イベントとしての地位を確立していく。

過去にTV放映されていた格闘技といえばボクシング、次いでK-1などがメインであったが、破竹の勢いで日本人選手を破っていくグレイシー一族との抗争が人気を呼び、PRIDE(プライド)は徐々に地上波での放送が行われるようになる。

近年では大晦日にも格闘技の興行が行われることが多くなり、2003年の大晦日では同時刻帯に3つの興行が開催され、テレビでも主要局で中継放送された。著名な日本人格闘家やタレント兼格闘家の試合は話題性・注目度が高く、老若男女問わず多くの視聴者を引きつける。総合格闘技は現在では有名な娯楽観戦として地位を築きつつある。


なお、PRIDE(プライド)は全米でのPPV放送のみならず南米やヨーロッパの一部の国などでも放送されており、世界的知名度はUFCと変わらない高さになっている。


2000年に入ると格闘技の性質そのものを今までとは違った角度から捕らえようとする動きが現れてくる。まず修斗を離脱した佐山聡が市街地戦を想定して実戦性を追求した掣圏道を99年に設立、翌年から本格的に活動を展開している。次にキックボクシングルールとグラップリングルールを2ラウンドずつで行うサムライという実験的な大会がMAキックボクシング主導で行われた。


また、「柔道の原点に戻る」というテーマを掲げ、柔道をベースに打撃を融合させた新格闘技J-DOが誕生している。


試合においては、1990年代後半よりアマチュアレスリング出身のマーク・コールマンドン・フライ、マーク・ケアー、ランディー・クートゥアーといった選手が活躍するようになる。

かつてのUFC、あるいは他のヴァーリ・トゥードの大会でブラジリアン柔術のベテラン選手達が柔術旋風を巻き起こしたように、1990年代後半からはレスリング出身者が優位を占めるようになっていく。

2000年代に入ると、今度は柔術・レスリングなどの寝技(グラウンド)・組み技を研究しつつ、あくまで打撃にこだわるスタイルの選手が活躍するようになる。

シュートボクセ・アカデミー(ムエタイ系打撃)のヴァンダレイ・シウバや、K-1グランプリで準優勝したこともあるミルコ・クロコップなどがそれである。第2代PRIDE(プライド)ヘビー級王者のエメリヤーエンコ・ヒョードルもベースにあるのは、豪快な投げと強力な関節技が特徴のコマンドサンボだが、得意とするのは(特長的なのは)パンチであり、立った状態はもちろん、グラウンド状態でも強烈なパウンド技術を持っている。

多彩な柔術技(足関節、腕関節、絞め技)を駆使する初代王者“ミノタウロ”ノゲイラとは好対照をなしている。 現在の打撃系選手の活躍には、シュートボクセなどのブラジル出身者の他に、元キックボクシング王者モーリス・スミスの恩恵が大きい。

キックボクサーで長年王者として存在したスミスは、晩年に総合ブームが起こり参戦するも、他の打撃系選手と同様に寝技系選手に惨敗する。しかし、かつての名声を犠牲にしてでも、モーリスは総合に参戦しつづけ惨敗を繰り返す中で打撃系選手の総合での対応策を見出しいった。(モーリスが目指したのは、寝技は防御のみを徹底的にマスターし、打撃で攻撃するスタイル)はその後、モーリスに教えを乞いにいった打撃系選手は数知れない。

格闘技マニア必見!総合・ヒーローズ・プライド・K-1・格闘技王国


総合格闘技の大御所!プライドとは 

総合格闘技は現在、日本のPRIDE (プライド)とアメリカのUFCを開催する二大勢力が中心となって盛んに行われている。(PRIDEやUFCは総合格闘技の大会名で、世界中の道場などに所属する総合格闘技の強豪選手が多数参加している。PRIDE (プライド)やUFCは主催者・マスコミ・協賛企業などの協力関係によって開催、運営されている。)

これらの大会運営勢力(プロモーション)は、高額な優勝賞金が賭けられた大規模な興行を開催し、日本・アメリカ・ヨーロッパの各国・ブラジル等の格闘技の盛んな世界中の強豪選手を参加させることで総合格闘技のプロ化に成功している

また、総合格闘技のトップ選手はファイトマネーや賞金などの報酬によりプロの選手として生計が成り立つことを既に立証している。しかし一方では、ボクシングWBAWBCに相当するような世界的統括組織が存在しないため、プロ・アマ問わずの小規模な各種大会がそれぞれ独立して世界王者・ランキングを認定し、世界中の各国・各地で多数開催されている。

日本ではPRIDE以外に修斗、パンクラス、ZST(ゼスト)、DEEP、DOG、そして新日本プロレスが主催するアルティメット・クラッシュ、2005年立ち上げの前田日明をスーパーバイザーに迎えたHERO'Sヒーローズなどの大会がある。

アメリカではUFC以外にKOTC(King Of The Cage)、Extreme Challenge、Hook 'n' Shoot、IFC(International Fighting Championship)、IFL(International Fight League)などの大会がある。

また、こうした小規模の総合格闘技の興行は日米以外でもブラジル・オランダ・ロシア・カナダ・リトアニアなどで開かれており、近年アジアではモンゴル・インドネシア・韓国などでも開催されるようになった









〜フリー百科事典『ウィキペディア』〜より引用


格闘技マニア必見!総合・ヒーローズ・プライド・K-1・格闘技王国

総合格闘技 プライド13 桜庭戦 

総合格闘技イベント、プライド13が行われた。

総合格闘技 プライド、シウバの打撃に敗れた総合格闘技 プライド、桜庭。スタンド、四つんばいでのひざげりが致命的で桜庭は流血。総合格闘技 プライド、シウバは桜庭を倒してからも、足をつかもうとする桜庭をさばきながら、危険な角度から蹴りを打ち込み、レフェりーが試合をストップしたあっけなく、総合格闘技 プライド、 は幕を閉じた。

次回の総合格闘技 プライド、では、頑張って欲しい。

以下は、桜庭の記者に対してのコメント。

――今後、だれと試合をしたいですか

 僕は総合格闘技 プライド、の選手なので、だれと、というより、PRIDEが決めた、僕と同じくらいの体重の相手とやるだけです。

――桜庭選手との再戦については

 総合格闘技 プライド、が決めれば問題なくやりますよ

・次の 総合格闘技 プライド、のとき、そのベルトを巻いてきてくれますか

 次の、 総合格闘技 プライド、もししてくるのなら自分のものをしてくると思います。(笑)これはすごくいい選手からもらったので記念にとっておきたいですね。

格闘技マニア必見!総合・ヒーローズ・プライド・K-1・格闘技王国



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。