ヒーローズ 総合格闘技、秋山 成勲

Akiyama??.jpg
秋山 成勲(あきやま よしひろ、秋成勲、チュ・ソンフン、추성훈、1975年7月29日 - )は元柔道家の韓国系日本人総合格闘技家。大阪市生野区に在日韓国人として生まれた。父親の影響で、三歳より柔道をはじめる。

清風高校から近畿大学へ入学し、卒業後、韓国へと渡った。2001年9月、日本へ帰国、日本国籍を取得した。平成管財へ入社し、柔道81kg級の第一人者として頭角を現した。2004年7月からフリーのプロ格闘技家として活動している。身長177cm、体重81kg。柔道三段。

ニックネームは、「反骨の柔道王」

日本に帰化し、釜山アジア大会に出場・優勝した際、韓国のマスコミに対し「柔道をするために日本国籍を得た」とインタビューした。それが返って韓国のマスコミの批判・バッシングを受ける羽目となってしまった。

よく「彼の打撃の技術は高くなった」「もはや打撃系ファイターだ」などの解説が挟まれるが、実施威力に関してはともかく技術面は決して高いとは言えないとの見方もある。また、格闘家転向後の対戦選手には本来立ち技主体の選手や、プロ転向して間もない選手なども多く含まれている。

??????????????4.jpg
2006年8月5日より開催されるヒーローズ 総合格闘技85kg級トーナメントにより、本格的な総合格闘技選手との対戦により彼の実力の全貌が明るみになることが期待されたが、一回戦は相変わらず総合デビュー戦の選手(金泰泳)との対戦であった。この試合で腕ひしぎ十字固めにより勝利を収めた。

2006年10月9日に開催されたヒーローズ 総合格闘技85kg級決勝トーナメント準決勝でケスタティス・スミルノヴァス、決勝ではメルヴィン・マヌーフをともにKOで下し、ヒーローズ 総合格闘技85kg級王座に就いた。

ちなみに、みのもんたと仲が良く、5月の試合では勝利した後みのをリングに上げ抱擁した。 なお、総合格闘技 プライドで同じような贔屓的発言を行った小池栄子(タレント)は、DSEより視聴者側からの批判殺到等の理由から厳重注意を受けている。


みのもんた、秋山を激励



格闘技マニア必見!総合・ヒーローズ・プライド・K-1・格闘技王国







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。