K−1須藤、キムをKO!


 須藤が予告どおりのバックブローKO! 「だまし討ちアーティスト」の本領を発揮した。



 須藤は白面をかぶり映画『狂気の桜』の共演者である窪塚洋介、RI格闘技 KIYAとともに入場。対する金はテコンドースタイルでリングイン。

1R いきなり須藤のバックキックと金のネリチャギ(カカト落とし)が交錯。場内が大きく沸く。力強いパンチを振り回す金に、須藤は踊るようにバックブロー。金は後ろ飛び蹴りも見せる。須藤はサイドステップを踏み、ローを打ち込み、金が踏み込んできたところにカウンターの右! 金からダウンを奪う。さらに須藤が浴びせ蹴りを見せたところで1Rが終了。

2R 須藤はリング中央から、いきなりバックブローを繰り出すと、バックステップでかわした金に連続してバックブロー! これが完ぺきにヒットし、金がダウン。須藤が予告どおりの必殺技でKO勝利を収めた。試合後、須藤はUFCの時と同じように国連の旗を広げ、世界平和をアピールし、ヤンヤの喝采を浴びた。

格闘技マニア必見!総合・ヒーローズ・プライド・K-1・格闘技王国

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。