総合格闘技 プライド、ヒカルド・アローナ!

格闘技 選手
ヒカルド・アローナ(Ricardo Arona、1978年7月17日 - )は、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロ ニテロイ 出身の総合格闘家。ブラジリアン・トップチーム所属。身長180cm、体重92kg。フルネームはヒカルド・ホセ・アローナ・デ・アルメイダ(Ricardo Jose Arona de Almeida)。

〓〓[〓

アブダビコンバット二階級二年連続優勝の肩書をもつ天才柔術家。ブラジリアン柔術を基本のスタイルとするが、空手柔道の経験も持ち、「弾丸タックル」との異名を持つ高速タックルと、アブダビコンバットで二度の優勝をもたらしたサブミッションを武器とする。寝技出身ながらスタンド打撃にも非凡なものを持っている。


また、虎好きであることでも有名であり、虎にに対して畏敬の念をもち、自身の右半身に精巧で美しい虎のタトゥーを彫りこんでいる。インタビューで「自分の身体には虎が宿っている」「虎の心理に近づきたい」と語っており、「ザ・ブラジリアン・タイガー」の異名を持つ。また、端正なルックスから「柔術王子」とのあだ名がある。

当時5歳の時から空手を始め、一年で緑帯を獲得する。13歳の時、アラルアマへ引っ越すと共に空手を辞めるが、アラルアマの自然の中でトレーニングを行い、さらに柔道の道場に入門する。

その後再び戻ったニテロイで柔術対ルタ・リーブリの試合を観戦したことにより柔術家を志すようになる。1997年にカーウソン・グレイシー・アカデミーに入門。その後ブラジルの紫帯、茶帯の世界王者となりカーウソン・チームの代表として注目され始める。


2000年、アブダビコンバット(以下ADCCと表記)のトライアルに出場。格闘技 選手アマウリ・ビデッチを倒しトライアルを優勝、続くADCCブラジル予選でも優勝し、ADCC2000本戦の出場権を手にする。

さらにその本戦で格闘技 選手ティト・オーティズやジェフ・モンソンといったグラップリングの実力派を次々と撃破し、ADCC2000の93k級と無差別級で見事優勝し、同大会のMVPに輝き、天才児として一躍有名になる。そして翌年のADCC2001でも再び優勝を飾り、ADCC二連覇を達成する。

ADCCでの快進撃によって、日本の格闘技イベントリングスからオファーをうけ、2000年4月20日に初参戦。あの格闘技 選手
エメリヤーエンコ・ヒョードルとも対戦、延長の末判定負けを喫したものの、互角以上に渡り合っている。2001年のリングスミドル級トーナメントでは優勝し、リングスミドル級王者となる。


現在は日本の総合格闘技イベント総合格闘技 プライド に参戦。2001年9月24日のPRIDE.16にて初参戦しガイ・メッツァーを判定で破ると、続く総合格闘技 プライド .20ではダン・ヘンダーソンに、PRIDE.23ではムリーロ・ニンジャに勝利し、その実力を知らしめた。


その功績もあって『総合格闘技 プライド ミドル級GP2003』の出場が決定、ヴァンダレイ・シウバ、クイントン・"ランペイジ"・ジャクソンと並ぶ優勝候補といわれるも、試合前の負傷により欠場を余儀なくされる。その後彼の代役として出場したムリーロ・ブスタマンチを倒したクイントン・"ランペイジ"・ジャクソンと『PRIDE GP2004 2nd ROUND』で激突するも、パワーボムで叩きつけられた際の不運なアクシデントによりKO負けを喫してしまう。


このように総合格闘技 プライド のリングではなかなか運に恵まれず、本来の力を出せずにいたが、2005年4月23日の『総合格闘技 プライド GRANDPRIX 2005 開幕戦 』にてディーン・リスターに完勝すると、『総合格闘技 プライド GRANDPRIX 2005 2ndROUND 』では桜庭和志にグラウンドで顔面に20発以上の膝蹴りを見舞い、圧勝する。
この戦いで桜庭の顔面が変形し、血まみれになるなど衝撃的な敗北を喫したことにより、アローナはヒールなキャラクターとして一躍有名になる。


総合格闘技 プライド GRANDPRIX 2005 決勝戦 』の準決勝では『PRIDEミドル級絶対王者』の異名をとり、自身にも因縁のあったヴァンダレイ・シウバにほとんど何もさせず完勝。

総合格闘技 プライド ミドル級の選手として初めてシウバに黒星をつけた。試合前ヒクソン・グレイシーがGPの優勝候補にあげたこともあってか、このまま優勝をつかむのでは、と期待されたが、決勝でシウバの弟分であるマウリシオ・ショーグンにKO負けし、王者の夢は打ち砕かれた。


その後、『総合格闘技 プライド 男祭り 2005 頂-ITADAKI-』で『PRIDEミドル級タイトル』をかけてヴァンダレイ・シウバと再戦するが、微妙な判定で敗れる。アローナはこの判定結果に対して不満を口にしており、その後、総合格闘技 プライド のリングには上がっていない。しかし、復活が期待される選手である。


2006年9月10日の『総合格闘技 プライド 無差別級GP2006 決勝戦 』 において実に9ヶ月ぶりにPRIDE復帰。アリスター・オーフレイムをローキックや鉄槌で押しまくり、1R4分28秒でタップを奪う。

格闘技マニア必見!総合・ヒーローズ・プライド・K-1・格闘技王国


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。