総合格闘技 プライド、イゴール・ボブチャンチン!

格闘技 選手イゴール・ボブチャンチン(Igor Vovchanchyn、1973年8月6日 - )はウクライナゾロチフ出身の総合格闘家で現在もハリコフ市に在住。

〓〓〓〓〓〓〓

独特の軌道を描いて放たれる強烈なパンチ、ロシアン・フックを武器に、敵を次々と薙ぎ倒していく姿から「北の最終兵器」というニックネームがついた。桜庭和志をして「気が狂いそうになるほど痛い」と言わしめたロシアン・フックで築いたKO勝ちから、彼は総合格闘技 プライド の名物的存在となった。『PRIDE GP 2000』では数々の強豪を退け、準優勝に輝いている。

総合格闘技 プライド ではヘビー級(体重無制限)の選手として活躍していたが、次第にヘビーの壁にぶちあたり気味になり、ミドル級(93kg以下)に転向。総合格闘技デビュー当時は90kgであったこともあり、見事に減量に成功し、かつての大きな腹が腹筋の割れた腹に変わってスマートになり、総合格闘技 プライド ミドル級の強豪選手として復活を遂げた。近年はビジネスに忙殺される一方、周囲に適当なスパーリング・パートナー、コーチがいないため、戦績も低下気味である。

なお、正確な発音に近い表記は「イーゴリ・ヴォフチャンチン」。



母国で車を運転中、あまりの怪力のためにハンドルをもぎ取ってしまった。

専属の通訳(通称:オバチャンチン)は変な日本語を話すことで名物キャラクターとなっている

格闘技マニア必見!総合・ヒーローズ・プライド・K-1・格闘技王国

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。