K-1 小比類巻貴之完敗

K‐1 WORLD MAX 2006〜世界王者対抗戦〜」が4日、9950人(満員御礼)の観客を集め、東京・有明コロシアムで開催された。

K‐1のエース魔裟斗を欠いて、メーンを務めたのは小比類巻貴之!

K‐1で、私が密かに期待している佐藤嘉洋は、初代世界王者アルバート・クラウスと対戦。

約2年ぶりのK‐1参戦となった須藤元気は、オーストラリアのイアン・シャファーにバックスピンキックを直撃されTKO負けし、
K‐1のリングに嫌われた。

格闘技マニア必見!総合・ヒーローズ・プライド・K-1・格闘技王国



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。