総合格闘技プライドの歴史 

1997年にはPRIDE (プライド)第一回大会が開催される。高田延彦とヒクソン・グレイシーが対戦し、ヒクソンが腕ひしぎ十字固めで圧勝すると、ヒクソンの名声とともにPRIDE(プライド)は格闘技イベントとしての地位を確立していく。

過去にTV放映されていた格闘技といえばボクシング、次いでK-1などがメインであったが、破竹の勢いで日本人選手を破っていくグレイシー一族との抗争が人気を呼び、PRIDE(プライド)は徐々に地上波での放送が行われるようになる。

近年では大晦日にも格闘技の興行が行われることが多くなり、2003年の大晦日では同時刻帯に3つの興行が開催され、テレビでも主要局で中継放送された。著名な日本人格闘家やタレント兼格闘家の試合は話題性・注目度が高く、老若男女問わず多くの視聴者を引きつける。総合格闘技は現在では有名な娯楽観戦として地位を築きつつある。


なお、PRIDE(プライド)は全米でのPPV放送のみならず南米やヨーロッパの一部の国などでも放送されており、世界的知名度はUFCと変わらない高さになっている。


2000年に入ると格闘技の性質そのものを今までとは違った角度から捕らえようとする動きが現れてくる。まず修斗を離脱した佐山聡が市街地戦を想定して実戦性を追求した掣圏道を99年に設立、翌年から本格的に活動を展開している。次にキックボクシングルールとグラップリングルールを2ラウンドずつで行うサムライという実験的な大会がMAキックボクシング主導で行われた。


また、「柔道の原点に戻る」というテーマを掲げ、柔道をベースに打撃を融合させた新格闘技J-DOが誕生している。


試合においては、1990年代後半よりアマチュアレスリング出身のマーク・コールマンドン・フライ、マーク・ケアー、ランディー・クートゥアーといった選手が活躍するようになる。

かつてのUFC、あるいは他のヴァーリ・トゥードの大会でブラジリアン柔術のベテラン選手達が柔術旋風を巻き起こしたように、1990年代後半からはレスリング出身者が優位を占めるようになっていく。

2000年代に入ると、今度は柔術・レスリングなどの寝技(グラウンド)・組み技を研究しつつ、あくまで打撃にこだわるスタイルの選手が活躍するようになる。

シュートボクセ・アカデミー(ムエタイ系打撃)のヴァンダレイ・シウバや、K-1グランプリで準優勝したこともあるミルコ・クロコップなどがそれである。第2代PRIDE(プライド)ヘビー級王者のエメリヤーエンコ・ヒョードルもベースにあるのは、豪快な投げと強力な関節技が特徴のコマンドサンボだが、得意とするのは(特長的なのは)パンチであり、立った状態はもちろん、グラウンド状態でも強烈なパウンド技術を持っている。

多彩な柔術技(足関節、腕関節、絞め技)を駆使する初代王者“ミノタウロ”ノゲイラとは好対照をなしている。 現在の打撃系選手の活躍には、シュートボクセなどのブラジル出身者の他に、元キックボクシング王者モーリス・スミスの恩恵が大きい。

キックボクサーで長年王者として存在したスミスは、晩年に総合ブームが起こり参戦するも、他の打撃系選手と同様に寝技系選手に惨敗する。しかし、かつての名声を犠牲にしてでも、モーリスは総合に参戦しつづけ惨敗を繰り返す中で打撃系選手の総合での対応策を見出しいった。(モーリスが目指したのは、寝技は防御のみを徹底的にマスターし、打撃で攻撃するスタイル)はその後、モーリスに教えを乞いにいった打撃系選手は数知れない。

格闘技マニア必見!総合・ヒーローズ・プライド・K-1・格闘技王国


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。